温泉情報ページ

近くには大沼国定公園もあり、
1632(寛永5)年発見された歴史ある温泉で、秀峰・駒ヶ岳と雄大な太平洋に抱かれた温泉
鹿部温泉
●宿名 鹿部温泉  鹿の湯
●住所 鹿部町鹿部58
●照会先 ●電話 01372-7-2001
●HP
●泉質 含芒硝食塩泉 ●湯温 79度
●効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、冷え性
●その他 露天風呂アリ、湯量は豊富、
●アクセス 車= JR函館駅〜約60分  電車=JR鹿部駅からバスで約15分、終点下車徒歩5分
●お奨め度 ●照会NO HO-050008


鹿部温泉
●宿名 温泉旅館 吉の湯
●住所 鹿部町鹿部45
●照会先 ●電話 01372-7-2211
●HP
●泉質 含芒硝食塩泉 ●湯温 80度
●効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺
●その他 旅館の裏が漁港があり、魚介類が新鮮でおいしい、こじんまりとした宿。
●アクセス 車= 函館〜約80分 電車=JR鹿部駅から約10分
●お奨め度 ●照会NO HO-050009


鹿部温泉
●日帰り入浴できる宿名 共同湯=亀の湯、トラの湯 
●住所 芽部郡鹿部町
●照会先 鹿部温泉観光協会 ●電話 01372-7-2111
●HP http://www.town.shikabe.hokkaido.jp
●泉質 塩化物泉 ●湯温
●効能 冷え性、神経痛、疲労回復
●その他 江戸時代に発見されたといわれている。
●アクセス 車= 函館〜約45 k  電車=JR函館本線 鹿部駅からバスで約20分
●お奨め度 ●照会NO HO-050038




100℃の熱湯が地熱パワーで15m以上の高さまで噴き上がる間欠泉が、湯の町のシンボルとなっている。ロードヒーティングや温室栽培など、幅広い用途に温泉を利用している。
  お奨め宿!!
●宿名

鹿部ロイヤルホテル

●住所 茅部郡鹿部町鹿部
●照会先 詳しくはこちら>> ●電話
●HP
●泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉ほか ●湯温 40〜100℃度
●効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛など
●その他 8,400〜25,200円(大人お一人様あたり)  
道南屈指のリゾートホテルで、サウナ付き大浴場、露天の岩風呂、テニスコートなど施設が充実。
●アクセス

JR鹿部駅から函館バス鹿部出張所行きで約20分、終点下車
ドライブ: 函館市街から道道83号、国道278号経由45km

●お奨め度 ★★★★★ ●照会NO

●その他周辺の宿


←詳しく地図を調べたい方はこちらをどうぞ
日帰りできる宿をメインに掲載しておりますが、入浴料金、入浴時間などは、変わる場合もありますので、トラブルをさけるために、掲載しておりませんので確認のうえでご利用なさるようにおねがいします。、
 
★ 当サイト全てのテキスト・画像・デザイン・その他のデータ等のコンテンツの無断転載・複製を禁じます。 IE5〜推奨 /
Copyright 2004 あっと・福丸「ああ〜いい湯ッコだなあ」 All rights reserved.