温泉情報ページ 青森

恐山・薬研温泉
下北半島の中心に位置し、霊場恐山や仏ヶ浦観光の拠点に最適です。ホテルは薬研渓流沿いにあり、四季折々の変化を大浴場や露天風呂より楽しめます。

薬研温泉
●宿名 ホテルニュー薬研
●住所 青森県下北郡大畑町薬研
●照会先 詳しくはこちら>> ●電話
●HP
●泉質 単純温泉 ●湯温 67度
●効能 冷え性、神経痛、疲労回復

下北半島の中心に位置し、霊場恐山や仏ヶ浦観光の拠点に最適です。ホテルは薬研渓流沿いにあり、四季折々の変化を大浴場や露天風呂より楽しめます。

●その他

無料送迎(要予約)・無料駐車場・温泉・大きな浴場・露天風呂(男女別または交代制)・バー・海水浴場・スキーゲレンデ・貸出用車椅子あり・子供浴衣・子供用スリッパ・マッサージ

●アクセス

自動車利用:八戸自動車道八戸ICより国道338号線約115km約140分さらに国道279号線約25km約40分
交通案内文:JR東北新幹線八戸駅→JR東北本線青森or函館行き約20分野辺地駅下車→JR大湊線大湊行き約60分下北駅下車→バス下北交通バスの駅大畑佐井車庫行き約45分バスの駅大畑下車→タクシー約20分

●お奨め度 ●照会NO AO-010016


薬研温泉
●宿名 共同湯=かっぱの湯、夫婦かっぱの湯  日帰りできる宿=ホテルニュー薬研
【かっぱの湯】 詳しくはこちら>>
●住所 青森県下北郡大畑町薬研
●照会先 大畑町観光協会 ●電話 0175-34-3500
●HP
●泉質 単純温泉 ●湯温 67度
●効能 冷え性、神経痛、疲労回復
慈覚大師が奥薬研で道に迷いケガをした際、カッパに導かれ傷を癒したという伝説の湯。無料の混浴露天風呂があり、秋には紅葉を眺めながらの入浴が楽しめる。さらに上流の奥薬研修景公園内には男女別の露天風呂、夫婦かっぱの湯がある。
●その他
●アクセス 車=東北自動車道、青森IC〜約132k 電車=JR大湊線、下北駅からバスで約50分
●お奨め度 ●照会NO AO-010016



←詳しく地図を調べたい方はこちらをどうぞ
日帰りできる宿をメインに掲載しておりますが、入浴料金、入浴時間などは、変わる場合もありますので、トラブルをさけるために、掲載しておりませんので確認のうえでご利用なさるようにおねがいします。、
 
★ 当サイト全てのテキスト・画像・デザイン・その他のデータ等のコンテンツの無断転載・複製を禁じます。 IE5〜推奨 /
Copyright 2004 あっと・福丸「ああ〜いい湯ッコだなあ」 All rights reserved.